保健所の検査完了!

保健所の検査完了!

保健所の検査がありました。

まだ、お店も作りかけで、次々に届く荷物で埋もれながら作業をしている状態だったので、とても不安でしたが片付けてみると一気にお店らしくなってきました!

hokenjokensa1

 

そして、ドキドキしながら待ち構えていた保健所の検査は意外とあっさり終わりました。 厨房がしっかり区切られていないといけないらしく、「扉か壁を付けてください」とのことでした。

自分たち自身も想像していた以上に厨房が丸見えだったので、少し壁を作るくらいがちょうどいいですね(^^)

他には「ゴミ箱を用意しておいてください」という感じの指摘程度でした。 そのあたりは、これから購入する予定だったので、問題なし☆

こうして、無事に検査が完了しました。

改善箇所を修正等して、約1週間後に営業許可証を受け取りに行きます。

と、いうことは!? そう、いよいよです!(*^^*)

近日中にはオープン日をお知らせさせていただきます!

看板製作。手作り!

看板製作。手作り!

厨房の作業が一段落して、ようやく客席側や外観といったインテリア性のあるスペースの造作です。

今回は建物(ビル)の壁面に取り付ける看板を作りました。 木材屋さんに提案していただいた杉のフローリング材を4000×180×30を4枚使用しました!kanban1

プレーナー加工がしてあるので、表面はきれいなのですが念のため#240のヤスリで表面を磨きます。 シーラーを2回して、上塗りは屋内外用水性塗料のつや消しの白にアクリル絵の具(山吹色、レモン色)を混ぜて使用。 こちらも2回。

そして、看板に命を吹き込みます!

kanban2

事前にデザインデータを原寸大でプリントしたものを用意しておきます。 A3で出力して10枚分! つなぎ合わせて、板にマスキングテープで上部のみ留めます。 用紙と板の間にカーボン紙を挟んでデザインを上からボールペンなどでなぞるって板に転写します。

kanban3

あとは地道に塗っていくのみ! 色は水性塗料のつや消し黒にアクリル絵の具(茶色、銅色)を混ぜて黒に程近いこげ茶色にしました。 はみ出さないように丁寧に…丁寧に… かなりの集中力が必要なので、人通りの無い深夜にシャッターを閉めて作業しました。昼間とは打って変わって静まり返った店内で作業をするのは少しさみしい気もしましたが、実際にパンを仕込むのも深夜や明け方なので、この静けさの中でこれからやっていくんだなと思いました。

kanban4

直線部分はマスキングテープを使用します。

kanban5

ひと通り塗り終えたら、2回目。 塗装は2度塗りが基本なようです。 なので、1回目は薄くて地がすけるくらいで大丈夫です。最初から分厚く塗ると割れたりするので要注意。 2回目は筆の通り道が出来ているのかそんなに時間もかからずスムーズに描けました。

無事に塗り終えました! 仕上げにスポンジに銅色、金色、茶色、黒色のアクリル絵の具(混ぜずに使います)をつけて板の端を汚していきます。 ステンシルのように優しくポンポンしたり、さっとなでるようにしたり… かすれ感を出していきます。 看板の設置場所が、地上3mほどのところで離れて見るものなので、少し強めに汚し加工をつけています。

kanban6

しっかり、乾かしてからニスを塗ったら完成です!(これは後日) 自分で言うのもなんですが、想像以上に上手く描くことが出来て満足です。 早く皆さんにも見ていただきたいです(^^)

ロゴスタンプ作成

ロゴスタンプ作りました。 サイズは10cm×15cmという大きなスタンプです。

Tシャツにスタンプして制服代わりに使います☆ 最初はTシャツにプリントする方法で検討していましたが、スタッフの数も少なく、服のサイズもバラバラ…そして、そんなにしっかり制服!という感じにする予定も無いので応用が利くスタンプを作ることにしました。

スタンプのサイズを決めて、データを作って入稿。 あっという間に完成です☆

logostamp1

logostamp2

サイズが大きいのでスタンプが少しコツがいります。 布用(黒)と油性(白)のインクを使って好きなTシャツにスタンプ。 これで、ロゴTも完成です(^^)

インテリア用品を購入!

雨の中、雑貨屋さんに行ってきました。 お店を始めようと考えるよりももっともっと前から知っている雑貨屋さんです。 何度も行ったことありますが、小さな雑貨がほとんどで、インテリア雑貨などは買ったことなかったのでワクワクしました☆

意外にも照明が多くてびっくり! レジカウンター上の照明は特に悩みました。 お店作りを始めた頃は陶器やアルミの素材のもので少しかっこよくと考えていましたが、最近になってガラスのほうがしっくりくるなと思い始め…結局、ガラス製のものに落ち着きました。

interia1

【レジカウンター上のペンダントライト】 ガラスのランプシェード 2,200円×1、2,700円×2 コード(真鍮風) 1,500円×3

当初考えていたタイプの照明も好きなので客席用のペンダントライトに取り入れることにしました。 各テーブルの上部に1つずつ…と思いつつも、ちょっと迷って1点のみ購入。

interia2

【テーブル席上のペンダントライト】 ランプシェード 1,900円 コード(黒) 850円

洗面台の照明は壁に取り付けるタイプの照明(ブラケットライト)で、店内には1点しかこのタイプのは無かったのですが、妥協ではなく一目惚れです。 シェードは別のものを選ぶことも出来ましたが、この組み合わせが良かったのでそのまま購入☆

interia3

【洗面台の照明】 ガラスのランプシェード 2,200円 ブラケット 2,700円

そして、ネットで検索しきれず買えていなかったドアハンドルも買いました。 本当はもっと長いタイプのものが欲しかったけど…サッシ工事が迫っているのでタイムアップ。 長さ以外の雰囲気やさわり心地といった条件はクリアしてるのでOKかな? ついでに、PUSHとPULLのプレートも。 実はお店のドアは『自由ドア』という押しても引いても開けられるタイプなのですが、出来ればドアを引いて入っていただけたらいいなと思ってプレートもつけます。 少人数でパンを焼き、調理して、接客して…と忙しい感じになる予定ですので、ドアが開くと鳴る『鈴(ベル?)』も買いました。 ”カランカラン”っていう音も個人的に好きです♪

interia4

interia5

interia6

interia7

interia8

【ドア(サッシ)】 ドアハンドル 2,592円×2 プレート(PUSH、PULL)各734円×2 プレート(OPEN) 1,404円 ドアベル? 580円

他にもちょこっと雑貨を買いました。

interia9

interia10

アイアン(トング用) 1,404円 ボウル(陳列用) 2,900円

仕入れとは言え、おしゃれな照明や雑貨などを見てすごく楽しくてリフレッシュできた瞬間でした。 お店作りもいよいよラストスパート…かな!? 当初の予定よりだいぶ遅れ始めておりますが…もう少しです☆

※商品の価格は税別です。 ※価格は購入時のものです。

『NAIFS(ナイーフ)』
住所: 兵庫県神戸市東灘区本山北町3-6-2 営業時間: 10:00-20:00 定休日: 毎週木曜日
阪急岡本駅とJR摂津本山駅の中間、山手幹線沿い(正確にはほんの少し北側)

電気工事と壁作り

電気工事と壁作り

水道工事の次は電気工事です。 元雑貨屋さんだったので電気はあるのですが、動力の引き込みや作業性のことを考えてすべて引きなおしてもらうことにしました。 1回目の工事では各箇所に電気の線を這わせていただきました。 素人の私が作ったレイアウト図を元に作業をしていただいているので、分かりにくかったり、必要事項の記載が無かったり…とてもやりにくかったと思います。 ですが、プロの視点から位置や使い勝手を考えてくださり、あっという間に電気の線が準備されていきました!

denkikoujitokabezukuri1

そして、2回目の工事。 (1回目の後、水道と電気の線が通ったので、床を作りました。) 厨房側に機器を移動させて、販売スペースに線を準備していただき、動力の引き込み工事です。 建物の外の電線からの工事です。 高所作業というだけで、なんだかすごいと感じます(^^;)

denkikoujitokabezukuri2

その間、私たちは店内の壁を作っていました。 まず、柱を立てるのですがこれだけで、一苦労。 レーザー墨出し器で垂直に、そして、捻じれないように。 難しいです。 更に、電気の線が壁の中に入るということで、予定していた構造を変更することになり、あーでもないこうでもないと言いながら、やっとで枠の完成です! 枠ができると、お店のレイアウトがなんとなく想像できるようになってきました☆

denkikoujitokabezukuri3

販売スペースの壁にベニヤ板や石膏ボードも貼りました。 電気屋さんの作業の邪魔になっていたにも関わらず、私たちの作業を気にかけていただき、アドバイスや作業のコツを教えていただきました。

私たちの作業が遅く、コンセントを配置するように開けてもらった穴の上に壁を貼ることになったのに、嫌な顔一つせず、「そのまま貼って大丈夫ですよ。」と言っていただき、その後、速やかに新たに穴を開けてくれました! 自分たちですると、もたもたとすごく時間がかかったのに…プロの仕事は本当にすごいです!

denkikoujitokabezukuri4

今回、私たちがお世話になった電気屋さんは本当に「当たり◎」なのだと思います。 通常、正確な図面や指示を元に作業をされるのだと思います。 スケルトン物件で造作は自分たちでする上に工事スケジュールも把握しきれていない私たちに「次回までにこういう状態にしておいてください。」「ここはこうなっているので、こういうふうに作業をしてください。」と、丁寧にご説明してくださいました。 もし、また工事を依頼することがあれば是非、お願いしたいと思える業者さんです☆ お店作りをする中で、こういうご縁にも本当に感謝です。

完成までまだしばらくかかりそうですが、引き続き頑張って作業します!