<卵と乳不使用>外カリッ、中トロッの絶品たこ焼きレシピ。

<卵と乳不使用>外カリッ、中トロッの絶品たこ焼きレシピ。

takoyaki-recipe1

ピギーのある兵庫県でも大人気のたこ焼き。しかし、一般的なたこ焼きには卵が含まれています。なので、今回は卵不使用のたこ焼きの作り方を紹介します。もちろん乳製品も不使用です。

材料

  • 小麦粉 100g
  • かつおだし 450g
  • 塩 2g(小さじ1/2程度)
  • お好みの具材(たこ、ねぎ、紅しょうが)
  • たこ焼きソースもしくは、お好み焼きソース

市販のだしの素を使ってもいいです。お手軽です。
だしの素を使う場合は、かつおだしと塩を

  • 水 450g
  • だしの素 4g

に変えてください。

※水の量はどんなたこ焼きにしたいかによって変えてください。上のレシピは外カリッと中はトロッとしたたこ焼きです。

小麦粉1に対して、水の量は3〜5くらいがいいと思います。
水の量が少ないほどしっかりとしたたこ焼きになります。
水の量が多ければ多いほど焼けるまでに時間がかかりますが、じっくり焼くことによって、外はカリッ、中はトロッとしたたこ焼きができます。

具材はお好みで。今回はたこ、しょうが、ねぎを入れました。おもちやこんにゃくとか入れてもいいです。キャベツを入れるという友人もいました。

作り方

  1. 生地を作ります。ボウルに小麦粉と塩とかつおだしを入れて混ぜ合わせます。かつおだしを少しずつ入れて、小麦粉がダマにならないように気をつけてください。
  2. 鉄板を温めます。
  3. 油を敷きます。ポイントは油は多め。油を多く敷くことでカリッと仕上がります。下に少し溜まっても全然大丈夫です。
    takoyaki-recipe2

  4. 鉄板が十分に温まったら、生地を入れます。鉄板が温まるまでに生地を入れると、たこ焼きが鉄板にこびりついて、ひっくり返しにくくなります。煙が少しでるまで温めましょう。
    そして、生地はたくさん入れてください。鉄板から溢れ出そうになるまでが理想です。まん丸とした大きなたこ焼きができます。

  5. 具材を入れます。
    takoyaki-recipe3

  6. たこ焼きを何度もひっくり返しながら焼きます。ひっくり返すのに竹串を使ってもいいですが、割り箸の方が折れにくくてやりやすいです。
    穴の周りの生地を区切って、穴に押し込みながらひっくり返します。
    生地の水分量を多くした場合は、最初にひっくり返すまでにしっかり待ちましょう。焼けるまでに時間がかかります。
    takoyaki-recipe4

  7. お好みでソースやマヨネーズ、かつお節などをかけます。
    takoyaki-recipe5

マヨネーズは一般的に卵が含まれていますが、卵不使用のものもあります。


キユーピー エッグケア


日清オイリオ マヨドレ

明石焼きみたいにだし汁に入れて食べてもおいしいです。
takoyaki-recipe7

卵なしだど少し焼き色が付きにくいくらいで、味はほとんど変わりません。
takoyaki-recipe6

【スープとパンのお店。Piggie(ピギー)】
piggieでは全商品、卵と乳製品不使用でアレルギー対応品です。
スープは地場野菜を中心にたっぷり使用。
パンは国産小麦100%使用。
毎日食べたいと思えるものをお作りしています。

〒662−0043
兵庫県西宮市常盤町1−32 1F
営業時間:10時から19時
定休日:日曜日と月曜日

簡単!自家製ハムの作り方

簡単!自家製ハムの作り方

今回は卵と乳不使用のハムの作り方を紹介します。ハムに卵と乳が含まれているのって?思うかもしれませんが、市販品のほとんどのハムには卵や乳が含まれています。むしろ卵と乳を使っていないハムを探す方が難しいです。

ハムにはいろんな作り方がありますが、今回のはお手軽で簡単にできるレシピです。塩抜きもしません。

この自家製ハムは添加物も一切使っていないので、身体にもいいです。ハムには見た目を良くしたり、食感を良くしたりするために添加物が結構入っています。添加物を完全に避けることは難しいですが、極力避けたいですよね。

ハムに卵や乳が含まれている理由

市販品の多くのハムに卵や乳がなんで入っているかというと、安く作るためです。お肉よりも安い卵や乳、または大豆を加えることによって、ハムの重さ当たりのコストを下げています。ハムの成分表を見ると、お肉の次に卵や乳などが表示されているのがわかると思います。成分表は多く入っている順に表示するので、かなりの量が含まれています。

材料

ham-recipe1

家に必ずあるものでと思い、シンプルなものにしました。

  • 豚もも肉 300g ※豚肩でもOK。お好みで。
  • 塩 3% (9g)

砂糖やはちみつを小さじ1程度加えたり、ブラックペッパーやハーブなどを加えてもいいです。

作り方

  1. キッチンペーパーで豚肉の水分をよく拭き取ります。
  2. 豚肉に塩をすり込みます。砂糖やハーブなどを加える場合はこのときに一緒に付けましょう。
  3. 袋やジップロックに入れて、冷蔵庫で3日〜5日寝かせます。
    ham-recipe2

  4. ゆでる前に常温に戻します。1,2時間涼しいところに置いてください。
  5. お鍋に豚肉が十分に浸かるくらいのお湯を沸かします。
  6. 豚肉を袋に入れたまま65℃〜70℃のお湯で40分間茹でます。

    ※湯で時間は豚肉の量によって調整してください。

    ham-recipe3

    70℃がどのくらいかというと、鍋の底に写真のような気泡が発生したら70℃くらいです。豚肉を入れるとお湯の温度が少し下がるので、写真のような気泡が見えて数十秒経ったら火を止めて豚肉を入れて、蓋をします。

    ちなみにこの気泡が上にあがってきだすと、80℃を越えています。


タニタ スティック温度計
温度計があると便利です。料理のいろんな場面で使えます。

炊飯器の保温機能を使って茹でてもいいです。炊飯器の保温温度は機種によりますが約70度です。炊飯器にお湯を入れて保温機能で茹でましょう。

茹でた後、粗熱を取り、冷蔵庫で1日寝かせると味や風味が落ち着いてよりおいしくなります。もちろんすぐに食べてもOK.

ham-recipe4

お肉の味がしっかりして、しっとりし、とってもおいしいです。

保存料を使っていないので、お早めにお召し上がりください。冷蔵庫で3日程度、冷凍庫で2週間程度持ちます。冷凍する場合は薄切りにしてラップをしてから冷凍しましょう。


家庭用 真空パック器 真空パックん plus
真空パックにすると保存期間を延ばすことができます。

ham-recipe5

フランスパンにはさんでサンドイッチにしてみました。

Piggieのパンは卵と乳製品不使用でアレルギー対応品です。一部パンはオンラインショップでお買い求め頂けます。

【スープとパンのお店。Piggie(ピギー)】
piggieでは全商品、卵と乳製品不使用でアレルギー対応品です。
スープは地場野菜を中心にたっぷり使用。
パンは国産小麦100%使用。
毎日食べたいと思えるものをお作りしています。

〒662−0043
兵庫県西宮市常盤町1−32 1F
営業時間:10時から19時
定休日:日曜日と月曜日

<卵と乳不使用>とろとろ豆乳プリンのレシピ。

<卵と乳不使用>とろとろ豆乳プリンのレシピ。

tounyu-pudding1

卵と乳製品不使用の簡単に作れるデザート、豆乳プリンの作り方を紹介します。

卵や乳アレルギーの方でもお召し上がり頂けます。

材料

  • 豆乳 400g
  • 砂糖 50g ※はちみつなどの他の甘味料でもOK
  • 水 50g
  • ゼラチン 5g
  • バニラエッセンス 数滴 ※無くてもOK

甘さ控えめにしていますので、甘いのが好きな方は砂糖の量を増やしてください。

作り方

作り方はとっても簡単です。ゼラチンを水につけ置く時間を除けば10分もかからないかもしれません。

  1. ゼラチンを水につけて置きます。ゼラチンが溶けやすくなります。15分以上放置するのが望ましいです。
  2. 鍋に豆乳と砂糖を入れて火にかけて砂糖をよく溶かします。
    溶けたら火を切りましょう。沸騰するまでには火を止めましょう。
  3. 2の鍋にバニラエッセンスを加えて軽く混ぜます。
  4. 1のゼラチンを湯煎するか、電子レンジで温めて溶かします。
    電子レンジで溶かす場合は、様子を見ながら少しずつ温めてください。
  5. ゼラチンが溶けたら3の鍋に加えて混ぜます。茶漉しを使うと溶け切ってないゼラチンを取り除くことができます。
  6. 5を容器に入れます。
    tounyu-pudding2

    このときも念のため茶漉しを使ったほうがいいです。そっと入れると泡立たなくてなめらかなプリンに仕上がります。写真のは少し高いですね。もう少し低い位置から入れるのがいいです。

  7. 粗熱を取って、冷蔵庫に入れて冷やし固めます。

tounyu-pudding3

できあがったプリンにカラメルやジャムをかけてもおいしいです。写真のはみかんジャムです。目玉焼きではありません。。

豆乳プリンは簡単に作ることができて、カロリーも控えめなので気軽に食べることができます。おやつにもぴったりです。

【スープとパンのお店。Piggie(ピギー)】
piggieでは全商品、卵と乳製品不使用でアレルギー対応品です。
スープは地場野菜を中心にたっぷり使用。
パンは国産小麦100%使用。
毎日食べたいと思えるものをお作りしています。

〒662−0043
兵庫県西宮市常盤町1−32 1F
営業時間:10時から19時
定休日:日曜日と月曜日